二級建築士 簡単合格法 和田幸徳の独学で面白いほど受かる勉強方法

和田幸徳さんの二級建築士 簡単合格法は、ある1冊の問題集と、○○形式の法令集を使った3か月という短期間で、独学で面白いほど受かる評判の勉強方法になります。

 

あなたは、このような悩みはありませんか?
・二級建築士学科試験に合格したいが、何から勉強始めればいいのかわからない…。
・参考書や問題集はどれを選べばいいの…。
・会社に居ても、上司に早く資格を取りなさいと口うるさく言われる。
・参考書を見ると頭が痛くなるから、効率よく合格出来るb勉強方法を知りたい。
・これまで何回も試験を受けたけど、合格出来ない。

 

など、このような悩みを抱えているならば、この 和田幸徳さんの二級建築士 簡単合格法であなたの悩みを解決することが出来ます。
まずは、二級建築士に独学で面白いほど受かる勉強方法とは、どのような内容なのか、下記からご覧になってみてください。

 

 

二級建築士 簡単合格法の詳細を見てみる >>

 

 

受験生は誰もが新しいことを学ぶ喜びと、それとは逆に受験に対して不安があるものですね。

この思いを胸に抱えて書店に行きます
そこには建築士試験に関する本もたくさん山積みされています。

 

受験生の行動パターンは、そのコーナーに行きその中から何冊かの参考書や問題集を手にとり、そこから2〜3冊を選びます。
また、計画・構造・法規・施工と4科目ありますから、人によっては5〜6冊を購入する人もいるでしょう。

 

ですが、二級建築士の学科の試験は、難易度が高く近年では受験生が2万人くらいに対して合格者が5,000〜8,000人くらいといったところで、2級でだいたい30%くらいの合格率です。

 

では、どのような勉強方法をすれば合格できるのでしょうか?出題者は何を考えているのでしょうか?
これらは受験生にとって知りたい情報ですが、独学ではこのような情報は誰も教えてくれません。

あなたの悩みは、この勉強法を実践すれば、独学でも短期間で解決するでしょう。
何故なら、この二級建築士 簡単合格法は短い言葉で表現しますと、建築の勉強をすることが目的ではなく、建築試験に合格することが目的のこれまでにない勉強方法だからです。

 

それもある問題集を使って、1日33問の問題を解くだけでいいのです。
これなら、忙しい人でも挫折することなく効率よく勉強できると思いませんか?

 

マニュアルの主な内容は以下のことが書かれています。
記憶が脳に刻み込まれるやり方とは?
学科試験合格のための必要最小限の勉強法とは
合格するために買わなくてはならない○○問題集とは
試験会場に持ち込める○○形式の法令集とは
科目ごとの試験対策とは
設計晴雨試験攻略法
ついでに撮れる一級建築施工管理技士

 

などです。

 

 

(Uさん)

 

資格試験というのは多くの人は参考書を片手に必死になって勉強するものですが、そういう私もこれまでそうでした。
参考書で勉強すると、覚える範囲が広すぎてなかなか記憶に残らず、時間ばかり過ぎて中途半端な試験勉強になります。
この勉強方法は、問題集の選び方なども詳しく書いてあり、ほんとうに無駄のない学習ができると思います。頭に記憶させる方法や勉強スケジュール作成方法などは、本当に素晴らしいです。
また、製図試験のポイントや各学科試験の出題分類法やなども詳細に書いてあり、とても参考になりました。


 

 

(Tさん)

 

その名のとおり、この「二級建築士。簡単合格法」は、短期間に最小の労力で学科試験に合格する方法について書かれてあります。
私は大学の建築科を卒業していますが、必ずしも学校で習った内容がそのまま建築士の試験に役に立つわけではありません。
国家試験に合格するには、学校で習った内容や方法が違うのです。
つまり試験に受かる為には、合格するための特別なテクニックが必要になります。
もちろん時間をかければ、合格するのかも知れませんが、私のように仕事が忙しい人にとって、現実的な勉強方法とは言えません。
私もこの商材に出会うまでは、まったく無駄な時間を費やしていたと身にしみて感じています。


二級建築士試験の受験資格は、建築系の学校を卒業した人以外は、実務経験が問われます。

あなたも実務経験の中で、建築に詳しい現場監督や大工さんと一緒に仕事をした経験はありませんか?

 

これらの方々の全てが二級建築士に合格しているとは限りません。
逆に言えば、合格したからといってすぐに現場で仕事が出来るかと言うと、疑問があります。

 

また、建築設計事務所で、図面が大変上手く信頼されて仕事を任されている人もいるでしょう。
彼らの全てが必ずしも合格出来ている訳ではないということも現実にあります。

 

私が思うに、建築試験のレベルの勉強で分かった気になってはいけないということです。
本当の意味の勉強は、試験に合格してからでいいのです。
建築の勉強は広くて深く、とても短期間で出来るものではないと思うのです。

 

長い期間をかけて経験を積みながら蓄積していくものです。
その為、二級建築試験は、テストの為の試験であると言えるのではないでしょうか。

受験生が多くやるような1ページから覚えたりするよなことは無駄なじことです。

つまり、理解しようする必要はないのです。
何故なら、そのような勉強のやり方をしている受験生には合格出来ないようにしているとしか思えないからです。

 

実際の試験では、出題範囲、密度にばらつきがあり、参考書に書いてあることが同じようなバランスで出題されていません。
毎年出題されるところは傾向がありますし、出題のされ方も似通っています。

 

したがって、二級建築士の勉強で、建築のことについてもっと詳しくなろうという発想は頭の中から消去って下さい。
合格するにはどうすればいいのかだけを考えることです。

 

このことを考慮するか、しないかで合否が決まってしまいます。
つまり、テキストや参考書を何度も読み込んでも試験に合格する力は得られないのです。

 

これは問題を実際に解いていくという学習のなかでしか得られません。
短期間で簡単に2級建築士(学科試験)に合格できるノウハウは、参考書や問題集ではありません!
勉強方法や受験テクニックに関するノウハウということです。

 

実際に既に和田幸徳さんの二級建築士 簡単合格法で、これまで何度も受験に失敗した方から、初めて受ける方まで、多くの方が既に短期間で受かっています。
なお、ここでは全てはお伝えしきれませんので、下記公式ページのボタンをクリックしてその内容をご覧になって見て下さいね。

 

 

★お得な特典付き!

30日間の学習法に関するメールサポート

合格お祝い金「2万円」プレゼント

 

ダウンロード版と冊子版(配送手数料1700円)がお選び出来ます。

今なら半額以下の特別販売価格です。

更新履歴